民事再生必要書類

民事再生申し立てには、まずは当然ながら必要な書類を集めることから始まります。先に紹介したように、民事再生の必要書類の中には集めたり作成したりするのに時間を要するものもありますので、出来る限り早く準備に取り掛かるようにしましょう。民事再生の申し立てに必要な書類は以下のものです。
@住民票
役所に関わるの手続きの多くで必要となる住民票ですが、民事再生も例外ではありません。ここでは本籍の記載、世帯全員の記載があるものが必要になります。
A戸籍謄本
これも手続き関係でよく必要となる、ある意味お馴染みのものです。本籍地のある市区町村役場で取得します。
B預金通帳の写し
自己破産等裁判所において借金整理の申し立てを行なう場合に肝心な部分と言えるのが個人の財産状況の確認です。当然ながら財産を多く持っている人が借金の整理をすることはできません。従って自分の財産の状況を証明するものとして、預金通帳の写しが必要となります。民事再生のケースでも同様です。裁判所によっては扱いが変わることもありますが、概ね過去二年分の預金通帳の写しが必要となります。
C給与明細の写し
Bと同じ考え方です。裁判所によって扱いが変わることもありますが、概ね過去三か月分の写しが必要になります。
D源泉徴収表の写し
これまた裁判所によって扱いが変わることもあります。一般的に前年度分の写しが必要になります。
E課税証明書
住所のある市区町村役場で取得できます。
F現在住んでいる家の賃貸仮契約書の写し
民事再生の申し立て人の現況の住まいが賃貸暮らしとなっている場合に必要になります。
G生命保険証書・解約返戻金証明書
債務整理で民事再生の申し立て人が積み立て型の生命保険に加入している場合に必要になります。これを提出する目的も、所有する財産を明らかにするためで、裁判所で財産の内容について審査を受けることになります。
H車検証・査定書
債務整理、民事再生の申し立て人が自動車を保持している場合に必要になります。これも財産の明示が目的です。
I確定申告書の写し
債務整理、民事再生の申し立て人が現在自営業者である場合に必要になります。
ここまで裁判所で民事再生の申し立てを行う際に必要となる書類を紹介しました。一般的に必要となるのは以上の書類ですが、申し立てを行なう場所や家計の状況等、状況によっても若干異なってくることもあります。また上で紹介した以外にも必要な書類が更に追加される場合があります。詳しい内容については民事再生の申し立てを行なう予定の裁判所、或いは借金問題の専門家に問い合わせてみるとよいでしょう。

いずれにせよ借金整理は失敗が許されません。民事再生も同じです。従って申し立てに必要な書類は事前によく調べておいて、くれぐれも不備がないように注意しましょう。

check

Last update:2016/6/30